うつ病の治療、改善/東京都港区新橋駅の整体院・カイロプラクティック

新橋汐留整体院

うつ病

「自律神経失調」は、うつ病の原因の一つです。

「うつ病」は様々な原因で発病すると言われています。
うつ病は「精神的ストレス」はもちろん、
「生活習慣の乱れ」「怪我や他の病気の身体的負担」など多くの原因が心に負担をかけ、
「元気が出ない」「何か悲しい」とマイナス思考が身体を支配していきます。

うつ病を放置して症状が進んでしまった場合、心が沈むだけでなく
「体がだるくなる」「めまいがする」「電球が眩しい」など身体的にも影響を及ぼしていきます。

昔から「病は気から」と言われるほど、心と身体は繋がっているのです。

うつ病の原因

「自律神経失調」が原因の一つ

ではなぜうつ病の症状が現れるのか、
それは首周りが大きく関係しています。

首には人体の中でも重要な「自律神経」が密集しています。

自律神経は、体温や血圧の調節、呼吸、消化、代謝などを

コントロールすることで 生命を維持する働きをしています。

そして自律神経には、交感神経副交感神経の2つがあります。


簡単に言えば身体のON(交感)とOFF(副交感)の役割をしてくれるものです。

交感神経は、緊張している時、危険を感じた時、
興奮した時に働く神経であり、心拍数や血圧を上げる。
呼吸数をせわしくする、血管を収縮し瞳孔を開く、胃腸の働きを抑制するなどの働きをします。

副交感神経はリラックスしている時や寝ている時などに働き、
心拍数や血圧を下げ、 呼吸を落ち着かせる、 血管を拡張、瞳孔を閉じ、胃腸の働きを活発にする働きを持ちます。

この交感神経と副交感神経のバランス良い働き(スイッチのON、OFF)により、私たちの健康を支えてくれています。

しかし、首に過度な緊張や疲労を溜め込んでしまうとスイッチの切り替えが上手くいかず、
常にスイッチがONで固定され身体が全く休まらない状態に陥ってしまいます。

心身ともにお疲れの方がこの症状になってしまいますと、
何かしらの治療アプローチを加えないと病状がさらに悪化の一途をたどってしまうのです。
これが脳への血流や神経伝達の働きを低下させる
「自律神経失調」と呼ばれる症状であり、うつ病の原因の一つになります。

こんな症状には注意

自律神経の働きが悪くなると様々な症状が身体に現れます。
以下の症状以外にも身体の不調が出る場合もあります。

うつ病イメージ
  • 頭が痛い、頭が重い
  • 肩や首の凝りを強く感じる
  • 疲れやすい、全身に倦怠感がある
  • めまいやふらつきがある
  • 理由もなくイライラする。
  • 血圧が安定しない
  • 目が疲れる、まぶしい、目の奥が痛い
  • 胃腸の調子が悪い、腹部膨満感がある
  • 集中力が出ない
  • 不安感ある

当院での治療

  • 新橋汐留治療院では、緊張した首周りをほぐすマッサージに加え、身体の全身のバランスを整えるカイロプラクティック、全身にあるツボを刺激して自然治癒力を高める鍼灸治療などで治療を行っていきます。
  • 患者さん一人一人に合わせて治療を行っていきますので、何をしていいのか分からない時はぜひご相談ください。
  • 患者さんの中には「治療受ける!」と力んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、当院ではリラックスしていただける治療をすることによって、調子の悪くなった身体のスイッチを正しく働かせるように戻していきます。

当院では、
マッサージ、整骨、鍼灸、整体、カイロプラクティックを組み合わせた全身治療を推奨しておりますが、
患者様の症状に合う最適な治療法相談しながらご提案していきます。


まずはご相談ください!新橋駅徒歩1分。03-6228-5855

PageTop




東京都港区新橋駅の整体院/新橋汐留整体院

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ