東京都港区新橋駅の整骨院/脊髄障害

新橋汐留整骨院

脊髄障害

特徴

左右両側で症状がでやすい。手の脱力や上肢の鋭い疼痛を起こす。同時に神経根症状を呈することもある。また、下肢に伸びている神経が損傷されて、下肢の痺れや知覚異常を起して歩行困難となる事もある。

原因

椎間板損傷や骨折、脱臼により頚髄が傷ついたり、圧迫されたりする事により起こる。

当院での治療方針

病的反射や上位運動ニューロン徴候、筋力低下、固有感覚、振動感検査
陽性の場合は専門医の精査を受ける。
保存療法適用の場合はマニュピレーションや生活指導を行う。

PageTop




東京都港区新橋駅の整骨院/新橋汐留整骨院

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ