骨盤の基礎知識、骨盤矯正・調整/東京都港区新橋駅の整体院

新橋汐留整体院

骨盤の基礎知識

頑固な神経痛には早期治療を!

男女の骨盤の違い

女性の骨盤の構造は、男性に比べ複雑

女性の骨盤内には子宮と卵巣があるため、男性に比べて骨盤内の構造が複雑になっています。
妊娠に備えるためにも女性の骨盤は構造上大きく、広がっている必要があります。
骨盤がゆがんで腹腔が圧迫されると、そのなかにある臓器が影響を受けやすくなります。
また、女性には血液の流れに子宮、卵巣を流れるバイパスがあり、男性と血液の流れも異なっています。
ですから、女性にとって骨盤内の血行を良くすることは、冷え性の改善のみならず、
子宮、卵巣などの病気を予防
することにつながります。

子宮・卵巣の機能低下は、妊娠のしにくさや、早産・流産をひきおこす要因となります。

このほか、骨盤のゆがみは妊娠中の腰の痛みや出産時の産道の広がりにくさに影響します。 また骨盤内の血行不良は、胎盤形成や胎児の発育に影響を及ぼします。

そのために妊娠前から健康管理を十分に行うことが大切です。

妊娠中・産後の骨盤

骨盤が閉じきらず、開いたままなら注意

女性の骨盤は赤ちゃんを産むために、男性よりも幅が広くやや低めに位置しています。
また骨盤は 1 日の間でも開閉していますが、妊娠中はさらにこの開閉幅が大きくなり、出産が近くなるにつれて開く幅が大きくなり、出産時にもっとも開く(緩む)こととなります。
もちろん開いた骨盤は通常であれば閉じていき、妊娠前の状態に戻るのですが、骨盤の開閉がスムーズに行かない人の場合は産後、骨盤が閉じきらず、骨盤が開いたままの状態となってしまい、「 冷え性・肥満・生理痛(生理不順)・ O 脚 」などの症状が出やすくなってしまいます。

特に「大きな赤ちゃんを産んだ・高齢出産」の場合は、骨盤が元に戻るのに時間がかかる、または戻りにくいといわれています。そこで骨盤が開いたままの場合は、骨盤を元の状態に戻すことが大切になります。産後、骨盤が開き、元に戻っていないと思ったら、カイロプラクティックの専門院に診てもらうことが必要です。

当院では、
マッサージ、整骨、鍼灸、整体、カイロプラクティックを組み合わせた全身治療を推奨しておりますが、
患者様の症状に合う最適な治療法相談しながらご提案していきます。


まずはご相談ください!新橋駅徒歩1分。03-6228-5855

PageTop




東京都港区新橋駅の整体院/新橋汐留整体院

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ