交通事故 自賠責 坐骨神経/痛東京都港区新橋駅の整骨院

新橋汐留整体院

坐骨神経痛

年齢により異なりますが、比較的多いのがぎっくり腰から腰痛が慢性化したもの、次に梨状筋症候群が挙げられます。

梨状筋は仙骨(お尻の真ん中の骨)から始まり、足の付け根に付いており、股関節を外旋(足先を外に向ける)させる働きがあります。この筋が炎症もしくは過度の緊張状態になると、その下を通る坐骨神経を圧迫して神経の走行に沿って痛みがでます。梨状筋症候群は比較的緩徐に発生し、通常はラセーグ徴候が陰性となります。

梨状筋間で坐骨神経が絞扼され、仕事や運動でストレスが加わり発症することが多いようです。

比較的稀な疾患とされていますが、約10%の頻度で坐骨神経のバリエーションが存在することから、見過ごされていることも少なくないと思われます。

一方、高齢者では変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に多く見られ、脊柱管狭窄症とは腰椎(腰の骨)が老化などにより変形し、脊柱管(神経が通る穴)が狭くなって神経を圧迫し痛みが現れます。主な特徴は"間欠性跛行"という症状で、数分の歩行で両足又は、片足全体に痛み、しびれなどが出現します。しばらく休息をとると再び歩行ができます。また、帯状疱疹により坐骨神経痛を発症する場合もあります。

交通事故から腰痛になり、坐骨神経痛に移行するパターンも多いので、注意が必要です。

交通事故の衝撃はかなり大きいので、色々な場所に影響が出てしまいます。早めに当院へ相談することをお勧め致します。

PageTop




交通事故・自賠責・整骨院・接骨院・整形外科・むち打ち治療/東京都港区新橋・中央区・千代田区・渋谷区・大田区・品川区・新宿区エリア

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ