偏頭痛の治療、改善/東京都港区新橋駅の整体院

新橋汐留整体院

偏頭痛

薬だけに頼らない頭痛治療

頭痛がすると、様子を見る、治らなければ薬を飲む、など我慢をしてやり過ごすことが多くみられます。
しかし、偏頭痛は痛みが激しく、頻繁に起こることもあり、日常生活に支障をきたすケースが多いです。
痛みが出た後に、薬でコントロールすることも一つの方法ではありますが、痛みが出る前に治療をすることが頭痛の改善につながります。

治療目的

身体の状態を本来の状態に戻す

治療目的は「身体の状態を本来の状態に戻す」ことです。
主に自律神経やホルモンバランスを整えることで、身体をリラックスさせます。
その方法として、筋の緊張や骨格を調整することにより、身体本来の自然治癒力を高め頭痛が起きにくい身体の状態を保つことです。

治療方法

①緊張した筋肉をほぐす。

 >>マッサージの頭痛治療へ 施術イメージ

偏頭痛の場合、状態によりますが、頭に近い首や肩などをほぐすことにより悪化するケースがあります。ふくらはぎや指先等、幹部から遠い場所から、柔らかい刺激で徐々に体幹部へ向けてほぐしていきます。症状は個人差がありますので、悪化を起こさない程度で緊張を取っていきます。

②骨格の調整

 >>骨盤調整へ

骨格の歪みを取ることで、神経の働きを正常に戻します。特に骨盤は自律神経を調整する重要な場所です。体を動かすのも困難な強い症状の場合でも、体感的に触れられた程度の刺激で調整することもできます。

③鍼治療

 >>鍼灸治療へ

東洋医学に基づいて経穴を刺激することで痛みを改善させていきます。

偏頭痛の原因

ホルモンバランスや自律神経の失調が原因のひとつ

偏頭痛は、色々な説があり原因不明と言われています。しかし、ホルモンバランスや自律神経の失調により身体のバランスが崩れた際に起こることが多く生活習慣が要因となるケースが多くみられます。

偏頭痛の起因となるケース

  • アルコールや特定の食べ物
  • 寝不足や寝過ぎ
  • 過労・体力の低下
  • 過度のストレス
  • 空腹時
  • 妊娠中
  • 月経
  • 気圧・温度差
  • 人ごみや騒音、匂いによるもの
  • 家族歴

偏頭痛が起こる仕組み

なんらかの原因で脳の太い血管が拡張することで、その周囲を取り巻く三叉神経に刺激が伝わります。刺激は大脳に伝達され痛みとして認識されます。
血管が拡張する原因は、過度のストレス等が要因になりセロトニンが過剰に放出されることにより起きます。
又、大脳に刺激を伝えるまでに、視覚や聴覚、嗅覚にも影響を出すことがあり、目がチカチカしたり、音や匂いに敏感な拒絶反応を起こすことがあります。

偏頭痛の症状

  • 「ズキズキ」、又は「ガンガン」した、脈打つような痛みが出る
  • 月1~週1回くらい頻繁に痛みが出る
  • 動くことが出来ないくらい激しい痛みが出る。又は動くことで痛みが悪化する
  • 吐き気や嘔吐を伴う
  • 日常生活で出る音程度でもうるさく感じる
  • 光が眩しく感じる
  • 匂いが嫌だと感じる

当院では、
マッサージ、整骨、鍼灸、整体、カイロプラクティックを組み合わせた全身治療を推奨しておりますが、
患者様の症状に合う最適な治療法相談しながらご提案していきます。


まずはご相談ください!新橋駅徒歩1分。03-6228-5855

PageTop




東京都港区新橋駅の整体院/新橋汐留整体院

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ