坐骨神経痛の治療、改善/東京都港区新橋駅の鍼灸院

新橋汐留鍼灸院

坐骨神経痛(鍼灸)

たたきたくなるつらさを鎮めます。

坐骨神経痛とは

坐骨神経は腰椎から出た神経と仙骨から出た神経が合わさった非常に太い神経です。人体の中で最大の神経でペン軸ほどの太さがあります。抹消までの長さは1m以上もあります。

臀部から太もものうしろがわを通って膝の近くで、すねの方とふくらはぎの方と二又に別れて走行し、足の甲と足の裏に続いています。坐骨神経は末梢神経のなかで最も太く長い神経です。第4、5腰神経と第1~3仙骨神経からなり、梨状筋の下を通って太もものうしろがわを下行し、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。

つまり坐骨神経痛とは、神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、お尻の筋肉から顔を出す間のどこかで、圧迫や絞扼などの障害を受けた為に発症すると言えます。

坐骨神経痛の症状

シビレや痛み、感覚がなくなる

梨状筋 鍼 坐骨神経痛は、腰部にも痛みを伴いますがその多くは、臀部から足先にかけて、もしくはその一部のシビレや痛みを訴えます。障害された神経の場所によりシビレの出る範囲は様々で、「足の裏が一部感覚がなくなる。」「足全体が厚い布を巻かれたように感覚が鈍くなる。」「太ももの裏がつれた状態になる。」「とにかくお尻が痛い」などがあります。

坐骨神経痛の鍼灸治療

血流の改善と筋肉の緊張緩和

坐骨神経自体に刺鍼(症状により通電)することにより鎮痛し、神経自体の血流状態も改善します。また、神経を圧迫している原因と考えられる梨状筋などの筋肉の緊張を緩めます。

原因がヘルニアによるものであれば付近の起立筋にも刺鍼します、これによりヘルニア自体が縮小することもあります。痛みの原因にもなる冷えや疲労、ストレスを取り除くために全身への治療も行います。


新橋汐留治療院の鍼灸治療

  • 新橋汐留治療院の鍼治療は全身に鍼を打つことによりまず、全身の循環機能及び代謝機能を高め、免疫力を向上させます。
  • また、肩こり・腰痛などは局所だけが原因とは限らず冷え内臓の不調、疲れストレスといったものも要因に挙げられます。そのため、手足にある内臓に関係するツボ自律神経を調整するツボを使うことが大切になります。
  • その上で局所にアプローチすることでよりよい効果が期待できるのです。

新橋汐留治療院では、マッサージ、整骨、鍼灸、カイロプラクティックを組み合わせた全身治療を推奨しておりますが、患者様の症状に合う最適な治療法相談しながらご提案していきます。


まずはご相談ください!新橋駅徒歩1分。03-6228-5855

PageTop




東京都港区新橋駅の整骨院/新橋汐留整骨院

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ