テニス肘の治療、改善/東京都港区新橋駅の鍼灸院

新橋汐留鍼灸院

テニス肘

スポーツパフォーマンスを上げ、日常生活の痛みも取りのぞきます!

テニス肘とは

肘の関節部分に繰り返し負荷をかけることによる炎症

テニス肘とは、肘の関節部分に繰り返し負荷をかけることで炎症が生じてしまうことをいいます。

テニスプレーヤーがボールを正確に捉えられず手首の力で対抗すると、手関節の伸筋やその付着部位に負担をかけ発症することが多かったので、一般的にテニス肘と言われていますが、近年では繰り返しの家事による主婦層やパソコンの普及によりキーボードやマウスを多用する方にも多くなっている症状です。

原因は

スポーツだけでなく日常生活でも発症

テニスやゴルフなどでボールを打ち続けることにより、肘に大きな負担がかかり炎症を起こしてしまいます。いわゆる肘・手首の使い過ぎが原因になります。したがって、スポーツだけでなく日常生活でも十分に発症の原因となることがあるのです。

肘関節や手首に対し負担が大きくなると前腕(肘から手首の間の筋肉)が緊張していきます。すると前腕の筋肉のほとんどは肘に付着しているため、緊張から引っ張る力が強くなり、肘へのストレスが増し炎症・痛みを生じてしまうのです。

負担がかかり緊張が生じた筋肉によって外側に痛みが出るケースと内側に痛みが出るケースがあります。

鍼灸治療

当院の鍼灸治療は肘の実際に痛みが出ている箇所に加え、緊張している前腕の筋肉も緩めていきます。

外側上顆炎では肘の外側から手の甲付近までの筋肉に、内側上顆炎では肘の内側から手のひら付近までの筋肉に鍼で刺激を入れていきます。

使用するツボ

肘刺鍼
「曲池」 肘の内側にできるシワの親指側の端にあります。
「手三里」 曲池穴より指3本分手首側にあります。
「上廉」 曲池穴より指4本分手首側にあります。
「下廉」 上廉穴より親指1本分手首側にあります。

当院の鍼灸治療

  • 当院の針治療は全身に鍼を打つことによりまず、全身の循環機能及び代謝機能を高め、免疫力を向上させます。
  • また、肩こり・腰痛などは局所だけが原因とは限らず冷え内臓の不調、疲れストレスといったものも要因に挙げられます。そのため、手足にある内臓に関係するツボ自律神経を調整するツボを使うことが大切になります。
  • その上で局所にアプローチすることでよりよい効果が期待できるのです。

当院では、マッサージ、整骨、鍼灸、カイロプラクティックを組み合わせた全身治療を推奨しておりますが、患者様の症状に合う最適な治療法相談しながらご提案していきます。


まずはご相談ください!新橋駅徒歩1分。03-6228-5855

PageTop




東京都港区新橋駅の整骨院/新橋汐留整骨院

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ