パーキンソン病の治療、改善/東京都港区新橋駅の鍼灸院

新橋汐留鍼灸院

パーキンソン病

脳神経と体の動きを調和させます!

パーキンソン病専門治療家が治療します。至急ご連絡ください。

パーキンソン病とは?

パーキンソン病イメージ パーキンソン病は脳の一部の神経細胞に障害が起こることで、徐々に体の動きが鈍くなり、歩くのが難しくなったり、上手くしゃべれない、飲み込みが上手く出来ないなどの症状を引き起こす病気です。

代表的な症状

身体の震え/前傾姿勢/小刻み歩行/表情がなくなる(仮面様顔貌)など。

原因は?

生活習慣による発症であったり遺伝的要素など、可能性のある事柄はみられますが、現段階では特定が難しく、原因不明とされております。
病態としては、【中脳】の黒質という場所に変性が起こり、身体を動かすドーパミンという神経伝達物質が減少することで発症します。
10万人あたりに100~150人がパーキンソン病になっています。
その原因が不明ということは、だれもがなりうる可能性があるということです。

伝統を受け継がれた鍼灸術と漢方薬治療が難病の治療に効果を発揮します。

東洋医学的な考えとして、長期にわたる【便秘】が原因と考え治療してまいります。
まずは鍼でツボを刺激し便秘を治していきます。

便秘改善で使うツボ

「気海」 おへその下指2本の所にあります。
「天枢」 おへその左右5㎝の所にあります。
「関元」 おへその下指4本の所にあります。
「大腸兪」 腰の1番下の骨(5番)とその上の骨(4番)の間の両側指2本の所にあります。

これで約80%便秘は改善されますが、さらに運動神経回復のために以下のツボも使用していきます。

運動神経回復のためのツボ

「足三里」 膝のお皿の下の外側の凹みから指4本下にあります。
「三陰交」 おへその左右5㎝の所にあります。
「行間」 足の親指のつけ根の関節の外側にあります。
「合谷」 手の親指と人差し指のつけ根の凹みにあります。
「内関」 手の甲側の手首の真ん中から肘へ向かって指3本の所にあります。
「百会」 頭のてっぺんにあります。
「四神総」 百会から前後左右に指2本離れた所にあります(計4箇所)。

これらのツボを使い便秘を改善するとともに全身の循環機能を高めていきます。

 

当院の治療

  • まずは1週間に1度のご来院を提案させて頂いております。
  • 早い方で2ヶ月程度で便通が良くなり食欲が出てきます。また、睡眠もしっかりとれるようになり、手足の震えも消えてきます。なによりも顔も表情が変わってくることがわかると思います。
  • 是非一度、ご相談下さい。

難病治療はこちらへ

メディカル・ケアグループ 総院長 二宮 崇 実績とプロフィール

二宮 崇 私は中国人医師の元で多数臨床経験を積み、銀座で有名でした劉鍼灸院の院長、江原病院鍼灸室長を経て、こちらで治療させていただいております。

元治療院では朝日、毎日、読売、産経等の有力紙に紹介されましたので、日本各地から来院される皆様に大変好評をいただきました。

現に今も遠方より来院くださる方が多数いらっしゃいます。

私は慢性疾患、難病治療の臨床と研究に励み、特に網膜色素変性症・パーキンソン(PD)・脊髄小脳変性症(SCD)・筋萎縮性側索硬化症(ALS)・多発性硬化症(MS)について深く研究し、実力を養いました。皆様の慢性疾患・難病克服のために鍼治療をお役立ていただくのが私の念願です。

ホームページはこちら
二宮崇ホームページ

【経歴】
・銀座劉鍼灸院院長を経て、江原病院鍼灸室長退任後、月島治療院院長就任
・芝浦治療院・大森駅前治療院・新橋汐留治療院・千歳烏山治療院を開設
・メディカルケアグループ総院長として全国の難病患者の臨床研究に活躍中

まずはご相談ください!新橋駅徒歩1分。03-6228-5855

PageTop




東京都港区新橋駅の整骨院/新橋汐留整骨院

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ