多発性硬化症の治療と改善/東京都港区新橋駅の鍼灸院

新橋汐留鍼灸院

多発性硬化症

運動機能の維持、そして改善へ

腹部側の治療 多発性硬化症とは中枢神経系の脱髄疾患です。 脳と脊髄の主に白質という部分に、脱髄(神経細胞からでる軸索を包む髄鞘の変性) と、グリア細胞の増殖による硬化を生じます。 そのため視力低下運動感覚麻痺小脳性運動失調症、時には精神症状など多彩な症状を呈し、寛解と再発を繰り返します。

頻度はわが国では10万人に対して2~4人と少なく、発症年齢は15~50歳で、やや女性に多くなっています。ただ、患者さんを診ていると男性でも来られている方も結構おられ、当院では同数くらいのように感じます。

多発性硬化症の症状について

初発症状 視力低下、歩行障害、複視感覚異常、運動麻痺、構音障害、などが多い。
※複視…両目で見ると物が二重に見え、片目で見るとひとつに見える。
経過中にみられる神経徴候 視力障害、視神経萎縮、眼振、外眼筋麻痺、運動麻痺、運動失調、感覚障害、深部腱反射亢進、病的反射、膀胱直腸障害、知能障害、嚥下障害、痙攣
※痙攣…激痛を伴ったものでこの症状の特徴。
特徴的症状 内側縦束(MLF)症候群、レールミッテ徴候
※レールミッテ徴候・・・
頸を前屈した際に、背中から四肢に電激痛が放散する。これは、頸髄の後索が脱髄を生じたためである。
原因 不明だが、ウイルス感染や中枢神経髄硝に対する自己免疫疾患の関連性があります。
誘因 過労、精神的ストレス、感染や外傷、妊娠など。温熱で症状が増悪するので、注意が必要であります。
薬物治療 急性増悪期における副腎皮質ステロイドの投与で症状の早期改善が認められる。
    

鍼灸治療

目の周りの鍼灸治療 鍼灸治療ではそれぞれ発症してくる症状を診ながら、治療を加えていきます。その結果、寛解の時間を長くし、維持することを治療の目的としています。
全身治療を基本として自律神経を調節し、目に症状が発症したら眼窩鍼を施します。

当院の鍼灸治療

  • 当院の針治療は全身に鍼を打つことによりまず、全身の循環機能及び代謝機能を高め、免疫力を向上させます。
  • また、肩こり・腰痛などは局所だけが原因とは限らず冷え内臓の不調、疲れストレスといったものも要因に挙げられます。そのため、手足にある内臓に関係するツボ自律神経を調整するツボを使うことが大切になります。
  • その上で局所にアプローチすることでよりよい効果が期待できるのです。

メディカル・ケアグループ 総院長 二宮 崇 実績とプロフィール

二宮 崇 私は中国人医師の元で多数臨床経験を積み、銀座で有名でした劉鍼灸院の院長、江原病院鍼灸室長を経て、こちらで治療させていただいております。

元治療院では朝日、毎日、読売、産経等の有力紙に紹介されましたので、日本各地から来院される皆様に大変好評をいただきました。

現に今も遠方より来院くださる方が多数いらっしゃいます。

私は慢性疾患、難病治療の臨床と研究に励み、特に網膜色素変性症・パーキンソン(PD)・脊髄小脳変性症(SCD)・筋萎縮性側索硬化症(ALS)・多発性硬化症(MS)について深く研究し、実力を養いました。皆様の慢性疾患・難病克服のために鍼治療をお役立ていただくのが私の念願です。

ホームページはこちら
二宮崇ホームページ

【経歴】
・銀座劉鍼灸院院長を経て、江原病院鍼灸室長退任後、月島治療院院長就任
・芝浦治療院・大森駅前治療院・新橋汐留治療院・千歳烏山治療院を開設
・メディカルケアグループ総院長として全国の難病患者の臨床研究に活躍中

まずはご相談ください!新橋駅徒歩1分。03-6228-5855

PageTop




東京都港区新橋駅の整骨院/新橋汐留整骨院

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ