更年期障害の治療、改善/東京都港区新橋駅の鍼灸院

新橋汐留鍼灸院

更年期障害

年齢のせいと諦めないでください

更年期障害とは

更年期障害とは40代~50代に入りますと女性ホルモンが次第に少なくなり、
特に閉経前後には激しく低下し、
このとき体の中ではホルモンバランスが大きく変化していきます。

その結果、ホルモン等によって調整される自律神経のバランスが崩れ
様々な症状を引き起こします。この様々な症状が「更年期障害」
と言われています。
また、現代社会における大問題であるストレスによって自律神経・ホルモンのバランスが崩れ
「プチ更年期」と呼ばれるものもあり若い女性・男性にとっても他人ごとではありません。

主な症状

更年期イメージ
  • 月経異常・・・生理痛、不正出血
  • 自律神経失調異常・・・ホットフラッシュ、動悸、血圧異常
  • 精神異常・・・不眠、イライラ、頭痛

最も特徴的な症状としてホットフラッシュがあります。
頭はのぼせているのに手足は冷えるといった症状です。

などさまざまで、そのほとんどが全身症状として現れてきます。

自律神経ってどんな神経?

自律神経とは、心臓を動かしたり、汗をかいたり、食べ物を消化・吸収したり
自分の意志ではコントロールすることが出来ない、自動的に働く神経のことです。

自律神経は、活動時に優位になる「交感神経」と
休んでいる時に優位になる「副交感神経」の2つからなり、
必要に応じて自動的に切り替わって働くようになっています。
その働きは全身に及んでいて、精神状態の調整、神経の調整、内分泌のバランス調整など多岐に亘っています。

そのため、自律神経がバランスを崩すと身体のあらゆるところに影響が出てくるのです。

鍼灸治療

一人一人にあったツボの組み合わせで治療します

当院では、全身にあるツボを効果的に組み合わせて使い、
自律神経の調子を整えることをメインに治療をします。

施術イメージ 自律神経の調子が整ってくると、精神的にも安定してきて、夜良く眠れるようになります。
内分泌機能が大きく変わってくる更年期の方々にとって、十分な睡眠をとるということは重要なことです。
睡眠がとれるようになると、心臓の働きも安定してきますので、動悸や息切れなども軽快していきます。

また「内関」というツボは特に自律神経を安定させ、他のツボと連用することで大変効果が上がります。

更年期障害というものは、発症年齢や症状に非常に個人差があります。
私どもの鍼灸院では、同じような症状でお悩みの患者さんが多数来院されますが、
一人一人にあったツボの組み合わせと長年積み重ねた技術によって大きな効果をあげ、
皆さんお役に立たせて頂いております。

季節の変わる時期には自律神経にも影響が出やすく、東洋医学でいう陰陽のバランスが崩れやすいじきです。
鍼灸治療で免疫を高め、予防に努めて下さい。

また、女性スタッフもおりますのでお気軽にご相談下さい。

当院の鍼灸治療

  • 当院の針治療は全身に鍼を打つことによりまず、全身の循環機能及び代謝機能を高め、免疫力を向上させます。
  • また、肩こり・腰痛などは局所だけが原因とは限らず冷え内臓の不調、疲れストレスといったものも要因に挙げられます。そのため、手足にある内臓に関係するツボ自律神経を調整するツボを使うことが大切になります。
  • その上で局所にアプローチすることでよりよい効果が期待できるのです。

当院では、マッサージ、整骨、鍼灸を組み合わせた全身治療を推奨しておりますが、
患者様の症状に合う最適な治療法相談しながらご提案していきます。


まずはご相談ください!新橋駅徒歩1分。03-6228-5855

PageTop




東京都港区新橋駅の整骨院/新橋汐留整骨院

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ