四十肩(五十肩)の治療、改善/東京都港区新橋駅の鍼灸院

新橋汐留鍼灸院

四十肩、五十肩

四十肩、五十肩とは

肩関節周囲炎の総称

施術イメージ

四十肩、五十肩とは、肩関節周囲炎の総称です。

字の通り肩の関節の周りに炎症が生じ、肩の動きに制限をきたし、肩の広範囲に痛みを生じる疾患を言います。そのうち40歳または50歳代をピークとして発症し、可動制限と疼痛を有する状態を四十肩あるいは五十肩といいます。しかし、最近では生活習慣や体質によっては年代を問わず発症すると言われています。

四十肩、五十肩の原因は?

施術イメージ
  • 動脈硬化
  • 肩関節の冷え
  • 年齢による筋肉の衰え
  • 肩の関節を形成する2つの骨がバランスを崩したため
  • など、諸説ありますが、十分に解明されていません。
    

四十肩、五十肩の症状

    
  • 痛くて着替えや髪が洗えない。
  • 夜間、痛くて目が覚めてしまう。
  • 背中に手が回せない。

etc...。

四十肩、五十肩の3つの病期

四十肩、五十肩は一定の経過をたどって進みます。

一)急性期 短い人で約1ヶ月、長い人だと約2ヶ月。この期間は、安静が第一です。急に激しい痛みが起こり、運動制限も強い場合は氷や市販の保冷パックなどで冷やして下さい。
二)慢性期 急性期から1、2ヶ月すると慢性期に移行します。急性期の「刺すような痛み」から「鈍い痛み」に変わります。この時期には、肩を温めることが大事になります。ホットパックやカイロなどで積極的に温めて下さい。
三)回復期 徐々に痛みや不快感が治まっていきます。

放っておいても痛みは消失しますが、関節が固まり肩の動きに制限がでる様になってしまいます!!

四十肩、五十肩の鍼灸治療のメリット

    
  • おおむね半年から1年かかる障害の時期を短縮できる。
  • 痛みの緩和に効果的である。
  • 拘縮(可動域制限)を防ぐ事ができる。

使用するツボ

ツボ四十肩五十肩
「肩井」 首の後ろの根元の部分と肩の先を結んだ中間点にあります。
「風池」 首の後ろの髪の生え際で、2本の太い筋肉の外側のくぼみにあります。
「膏盲」 首の後ろの髪の生え際で、2本の太い筋肉の外側のくぼみにあります。
「肩髃」 肩の先端で、腕を真横に挙げたときに出来るくぼみにあります。
「臂臑」 肩から肘までのちょうど真ん中あたりで、三角筋の前縁にあります。
「天宗」 肩甲骨中央のくぼみ。

新橋汐留治療院の鍼灸治療

  • 新橋汐留治療院の鍼治療は全身に鍼を打つことによりまず、全身の循環機能及び代謝機能を高め、免疫力を向上させます。
  • また、肩こり・腰痛などは局所だけが原因とは限らず冷え内臓の不調、疲れストレスといったものも要因に挙げられます。そのため、手足にある内臓に関係するツボ自律神経を調整するツボを使うことが大切になります。
  • その上で局所にアプローチすることでよりよい効果が期待できるのです。

新橋汐留治療院では、マッサージ、整骨、鍼灸、カイロプラクティックを組み合わせた全身治療を推奨しておりますが、患者様の症状に合う最適な治療法相談しながらご提案していきます。


まずはご相談ください!新橋駅徒歩1分。03-6228-5855

PageTop




東京都港区新橋駅の整骨院/新橋汐留整骨院

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ